なぜスペイン語のあいさつは複数形なのですか?

なぜスペインのあいさつは複数形なのですか?

スペイン語の基本のあいさつ「Buenos días(おはよう)、Buenas tardes(こんにちは)、Buenas noches(こんばんは)は、なぜ複数形で言うのか疑問に思ったことはありませんか?
スペイン語のあいさつを複数形で使用することは、スペイン語特有のものです。
同じグループとして分類されるロマンス諸語(スペイン語のようにラテン語から派生したもの)では、あいさつは常に単数形です。

英語、good morning
イタリア語、buon giorno
ポルトガル語、bom dia
フランス語、bonjour

と、すべて単数形で複数形ではありません。ドイツ語でさえも、guten morgenと単数形に聞こえます。

では、なぜスペイン語のあいさつは複数形なのかを考えていきましょう。スペイン語という言語がますます魅力的に感じますよ!

実は短縮形

カスティーリャ語の「Buenos días os dé Dios(神があなたに与えるあいさつ)」からという説があります。

言語学者の Salvador Gutiérrez Ordóñez 氏の理論です。スペイン語王立アカデミーの会員でもあります。

私の意見では、最も可能性のあることは、「おはよう」と単に言われていたのではなく、元々長いフレーズだったということです。後に短縮され「こんにちは」と「こんばんは」についても同じことが言えます。

強調した形

他の人は別の理論を指摘しています。
スペイン語では、量ではなく強度を表すために複数形を使用することがあります。

カスティーリャの宗教的な祈りのリズムが複数形で構築されているのです。

maitines = antes del amanecer(早課, 日の出前)
laudes = al amanecer(賞賛, 日の出)
vísperas = tras la puesta del sol(晩課, 日没後)

複数形は量ではなく強さを表すのでスペイン語のあいさつや、「gracias(ありがとう)」など敬意の表現も複数形で行われると主張する人もいます。
確かに「mis condolencias(お悔やみ申し上げます)」、「saludos(ご挨拶)」、「felices fiestas(おめでとうございます)」、「felicidades(おめでとうございます)」などもそうです。

単数の場合

ほとんどのスペイン語話者は、あいさつに複数形を使用しますが、単数形でよく言うものが「buen día」です。
La Real Academia de la Lengua(RAE)では、どちらも正しいものですが、複数形は伝統的でより普及しているため、複数形で使用する方がよいと考えています。

若者の間では「buen día」は、英語っぽく聞こえるので、手軽でいい感覚だということです。
しかし、スペイン語のあいさつは「お祈り」つまり「望み」でもあるわけです。
たくさんを望むことができるんだから、ケチケチした単数使用はやめて、複数形で言おう!という派もいるそうです。ユニークですよね。

 

Right Caption

レイナルナ

Que tengan muy buenoS díaS. O muy buenaS tardeS. O muy buenaS nocheS. A elegir.

こちらもおすすめ!
複数形を詳しく!スペイン語の複数形をつくる方法とその例外

複数は基本的なものでとても大切な文法のひとつです。しっかり把握するときれいなスペイン語を話すことにつながります。

2021年の新しい単語

毎年のことですが、スペイン語の辞書には新しい単語が追加されます。
さっそくチェックしてみてください!

2021年に追加された新しいスペイン語

Gracias por leerme. Hasta la próxima.