おいしく楽しく!日本に住む外国人の家庭でスペイン語【tadaku】

Tadaku

 

Tadaku(タダク)は、外国人のご自宅で世界の家庭料理を習えるというかなり貴重な体験ができる料理教室です。外国人ホスト(先生)のお家でプチホームステイのように料理を通じて各国の文化が学べます。

Tadakuの特徴

★日本に住む外国人のご自宅で学べます。
★1回完結型なので気軽に参加できます。
★外国語で進行するレッスンがあるので、調理の流れの中で自然に語学が身につきます。
★海外旅行の下見としてや、その国の食文化を体験しながらネイティブにオススメを聞くことができます。
★以前に駐在していた国の料理、留学していた時の家庭料理、など懐かしい味を日本で味わえたりします。
★いつもとちょっと違ったデートを楽しんでみたり、両親とのおでかけにも利用できます。
★女子会やサークルのアクティビティとしても面白いです。
★お子様を連れて参加できるレッスンも有ります。
★父の日や母の日など大切な人へのプレゼントにもおすすめです。
★レッスン料は1回につき、だいたい4,000円から6,000円くらいです。

どんなレッスンがあるの?

検索項目は7つです。<日程、国の料理、開催地域、言語、開始時間、値段、レッスンの種類>で、
<国の料理>を、 スペイン、南アメリカ、北アメリカ
<言語>を、 スペイン語
に設定して検索してみると・・・
うわぁ~~!!!!彩りも豊かで、全部おいしそうです!!しかも、本格的すぎる。(あたりまえですね。笑)

Tadaku

スペイン料理をはじめ、プエルトリコ料理、ペルー、メキシコ、ドミニカ共和国、ボリビア・・・・などなど、スペイン語圏のお料理が大集結です。【スペイン語】と明記されているレッスンメニューは、スペイン語で行われるようです。
どれもこれも魅力的で見ているだけでもワクワク!想像力がパンパンに膨らんでしまいます。旅行のお楽しみの一つに欠かせないのはやっぱり食ですが、しばらく旅行ができなければ、こんなふうに異国の味でプチトリップできますね。

皆さんのレビュー

Tadaku

スペイン語も学べて料理も教えてもらえるなんて、まさに私のためにあるような感じ♪なんだかハマりそうです。

私が気になるレッスンは・・・


コスタリカで食べたペルー料理が最高だったのです。(後日ご紹介します。)
このレストランに行くためだけでも、コスタリカへ早く行きたいと思っているくらいです。
ホストのJulio Cesarさんは、大久保にある「ペルー南米酒場HUANCHACO(ワンチャコ)」のオーナー兼シェフで、お店に食べに行くだけでも価値がありそうです。

そして、もう一つ。


揚げバナナと豆の料理にグッと来ます。グアテマラで食べた朝ご飯がなつかしい!!
こちらの皆さんのレビューがすごく気になるんです!!
「サルサを踊ったり、プエルトリコの楽器を演奏したりまるでホームパーティー」とか「お家がお洒落」とか「BGMがサルサ」とか・・・
いいないいないいなー♡
ホストのDamarisさんはプエルトリコ人ですが、ニューヨーク・ブルックリンで育ったそうです。

Tadakuの始まりは、なんとパエリアのフライパン!!

Tadaku(タダク)】の創業者はスペイン人。日本中をパエリアパン一つで移動している間、お金がなくなったら、現地の人にパエリアを振る舞う、という生活をし、そのときの経験からTadakuが誕生しました。
ちなみに、Tadaku(ただく)という名前は「いただく」という日本語に由来しています。

楽しく料理をしながら、その国の文化やスペイン語も学べる【Tadaku(タダク)】は、これからもっと注目されそうです。

@gotadaku

Gracias por leerme.
Hasta la próxima.

スポンサーリンク