日本へ観光に来るスペイン語圏の人数

Japón

 

来年4月からの外国人材受け入れ拡大のため、新たな在留資格を設ける出入国管理法の改正案が、衆議院法務委員会で可決されたニュース。参議院も通過して法案成立になった場合、どこの国から、どんな仕事で、どんな外国人が、受け入れられるのか気になります。また、今年2018年の外国人の入国者数は、前年に比べ 約421万人(約18.1%)増加で、約 2,743万人は、過去最高だそうです。
法務省入国管理局による)

<どこの国の人が多いの?>
韓国、中国、台湾、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポールの順なのですが、さて、<スペイン語圏の人たちはどれくらいいるんだろう?>なんだか興味あります。

2018年 スペイン語圏の入国者数

スペイン (約 104,100人 / 対前年比約19.9%増) 10月まで
メキシコ (約 45,000人) 8月まで
南米 (約 42,000人) ※ブラジル除く 8月まで

私がスペイン語を始めた2012年(特に意味はありません)からさかのぼってみます。

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
スペイン 99,814 91,849 77,186 60,542 44,461 35,207
メキシコ 63,440 43,509 36,808 30,436 23,338 18,502
南米(ブラジル除く) 49,899 41,070 40,181 24,563 22,825 19,040
日本政府観光局(JNTO)による)

はい、もちろん、スペイン語圏のデータも、ぐんぐん伸びています。メキシコと南米は、まだ8月までなので、残りの4ヶ月分がプラスされたら、前年より少しアップしますね。

それはそうと、、、
日本に来た私の友達を今までカウントした事がなかったことに気づきました。



2012年から日本に来た私の友達の数

(スペイン語を始めるまで、外国人の友達は、ほとんどいなかったので、2012年から。笑)

スペイン 6人
アルゼンチン 5人
グアテマラ 5人
コスタリカ 4人
メキシコ 3人
エルサルバドル 1人
ボリビア 1人

合計25人!!

ちゃんと数えてなかったけど、改めてこうしてわかってみると、おもしろいです。中には、1年のうちに2回も訪れている強者もいて、私より日本情勢に詳しかったりします。

2017年 スペイン語圏の国別の入国数

さらに、短期滞在の外国人観光者数が気になったので、まとめてみます。

スペイン 81,951
メキシコ 49,956
アルゼンチン 15,575
チリ 8,544
コロンビア 5,680
6 コスタリカ 1,975
7 ペルー 1,772
8 ウルグアイ 1,435
9 エクアドル 1,324
10 グアテマラ 1,130

11 ベネズエラ 1,084
12 ドミニカ共和国 829
13 パナマ 577
14 ホンジュラス 490
15 エルサルバドル 480
16 ボリビア 266
17 パラグアイ 190
18 ニカラグア 104
19 キューバ 70
20 ハイチ 44
21 ベリーズ 36

日本政府観光局(JNTO)による)

1位から3位までは、なんとなく予想していましたが、あとはちょっといがい・・・
中南米は広い~まだ一人も友達がいない国がほとんどです。でも、スペイン語を始めるまで、聞いたことはあるけど、どこにあるのかわからない国ばかりでした。

外国人が日本を観光する理由は様々だと思いますが、(私たち日本人も。)とにかく世界が近くなったのだなー、と感じます。スカイプやラインで話していた友達と近いうちに会えることも不思議じゃない時代・・・実際、会うことができた時は、<うわ~スカイプから出てきた!!>て、いつも感動しています。

Gracias por leerme.
Hasta la próxima.

スポンサーリンク