スペイン語の「Cuál と Qué」の使い方「9つの質問フレーズ」で違いを身につけよう!

CuálとQuéの違い
De: Spanish in 3 steps

2019年も残り1ヶ月と少し・・・
親友のアミガと「この一年、自分自身をふりかえってみよう!」というテーマで言語交換をしました。
そこで早速現れた壁「cuál」 と 「qué」の違い。
いつも使い方に混乱してしまいます。

スペイン語の意味は、

「Cuál」
[ser] 何、誰、どんなもの、どんなこと
[一般動詞と共に] どれ、どちら(全体の中の一部を選択する)
[~不定詞] どちらに・・・すべきか

「Qué」
[疑問文の文頭で] [間接疑問文で] 何、どんなもの、どんなこと
[不定詞を従えて] 何をすべきか、何ができるか、・・・すべきこと

ですが、まずは、アミガと会話をした内容、「自分と向き合う9つの質問」を日本語とスペイン語でまとめます。

今年、一番うまくいったことは何ですか?

¿Cuál es la mejor cosa que has tenido en este año?

楽しかった思い出は何ですか?

¿Cuál es tu recuerdo más divertido de este año?

これからも続けたいことは何ですか?

¿Qué cosas harás en el futuro?

うまくいかなかったことから学んだ事は何ですか?

¿Qué has aprendido de tus fracasos?

来年、やめたいことは何ですか?

¿Qué cosa quieres dejar en el año que viene?

今年一番の大きな変化は何ですか?

¿Qué has cambiado la más gran cosa este año?

感謝していることは何ですか?

¿Por qué estás agradecido?

もっと時間を費やしたかったことは何ですか?

¿A qué le querías dedicar más de tu tiempo?

来年、変えたいことは何ですか?

¿Qué quieres cambiar en tu vida en el año que viene?

 

cuálとquéの違い
De: PONTE LAS PILAS SPANISH

日本語だと「何」が最初に頭に入ってきてしまうので、私はこの全てのフレーズに「Qué」から始まる表現をしていましたが、スペイン語では、時に「Cuál」を使います。

Cuál と Qué の使い方

辞書によると、

「Cuál」は、
「人と物について用いられる」
それが「誰・どれであるかを」固定することを求める。

「Qué」
は、定義を求める。

とありますが・・・

やっぱり、まだ・・・イマイチ、わーかーらーなーいー!!

そこで、アミゴ達に聞いてみました。

Left Caption

AMIGO

1. Cuál se usa para ser el nombre
2. Cuál se usa cuando el grupo es heterogéneo
3. Cuál + sustantivo es incorrecto1. Qué se usa para saber significado
2. Qué se usa cuando el grupo sobre el que preguntas es homogéneo
3. Qué + sustantivo

Cuál は、

  1. 名前に使用されるもの
  2. グループが異なる場合に使用される
  3. Cuál + 名詞の組み合わせは、間違い

Qué は、

  1. 意味を知るために使用されるもの
  2. 質問しているグループが同種の場合に使用される
  3. Qué + 名詞 の組み合わせ
Left Caption

AMIGA

“Cuál” se refiere a opciones específicas, usualmente ya han sucedido.Mientras que “qué” es una pregunta mas general, y no necesariamente implica que ya haya sucedido.

Cuál は、

特定のオプションを指し、通常はすでに発生していること。

Qué は、

より一般的な質問だけど、必ずしもそれがすでに起こっていることを意味するわけではない。

CuálとQuéの使い方

さいごに

日本語で言う「あなたのお名前は何ですか?」は、スペイン語では、「¿Cuál es su nombre?」と言い、「何」ではなく、「どれ」なんですよね。
これに関しては、日本語では、星の数ほどたくさんの名前が存在し、なんでも好きに選んでつけることができますよね。
しかし、スペイン語の世界では、日本語ほど無数にはなく、限られた中で名前をつけることになるので、きっとその中でどれかな?という表現になるのだと思います。

アミゴ達から教えてもらったことを頭に入れつつ、やはり、たくさん会話をし、微妙なフレーズは、ネイティブの人たちのスペイン語をよく聞いて、身に着けていくのが大事だなー、と感じました。

私が何度間違えても、「日本語の “何” は同じなんだよね!」と笑ってくれる優しいアミガに感謝します。

合わせて読みたい

スペイン語の否定疑問文の答え方「Sí , No」と日本語の「はい、いいえ」

完璧ライティング!スペイン語の正しい表記記号の使い方~ピリオド・コンマ・括弧など

かわいくなるスペイン語「縮小辞」よく使うものは?

Gracias por leerme. Hasta la próxima.

スポンサーリンク