つく?つかない?スペイン語の冠詞の使い方・ルール

スペイン語の冠詞

「el」「los」「la」「las」のことを、スペイン語では「定冠詞」、「un」「una」のことを「不定冠詞」と言います。
冠詞は日本語に存在しないため、日本人にとって最も難しい文法の一つだと思います。

グアテマラにいた時、学校の先生に質問しても、なんだか説明不足で、「冠詞はわからないもの」としてそのまま放置していました。
何年もグアテマラに住んでいるアメリカ人アミゴのクラスメートでさえ「冠詞って難しいよねぇ~」と言っていたくらいです。

しかし、いつまでも、悩ましくしていられません。
私はその用法をよく理解するために、いろんな術を使い勉強しなおし、やっと身につけることができました。

冠詞は、たくさんのルールがありますが、少しずつ覚え、あとは見たり聞いたり話したりして、冠詞の機能を理解していくしかありません。

では、さっそく、冠詞の使い方を徹底解説していきます。

冠詞とは何か?

簡単に言うと、冠詞は名詞の性質や属性を示す役割を持つ単語です。
冠詞は英語にもあります。定冠詞は「the」にあたり、不定冠詞は「a/an/some」です。

日本語は、「ゆるい」言語のため、冠詞と呼ばれる文法は存在しません。
1つ、2つと数えられる「本」、数で測れないので、量で表す「水」、目に見えない「愛」、都市名である「東京」など、種類が異なる名詞に文法的な区別はなく、そのままの名称で使うことができます。

それとは逆に、スペイン語は名詞に「厳格」な言語です。
その名詞が数えられるのかどうか、また、会話・文章内ではじめて登場したのか否かで、異なる文法を用いる必要があるのです。

冠詞の形

後ろに置かれる名詞の性と数に応じて次のように冠詞の形が変化します。

定冠詞

el + 男性単数名詞(el libro)その本 los + 男性複数名詞(los libros)それらの本
la + 女性単数名詞(la casa)その家 las + 女性複数名詞(las casas)それらの家
lo 中性(lo bonito)きれいなこと
 

不定冠詞

un + 男性単数名詞(un libro)ある一冊の本 una + 女性単数名詞(una casa)ある一軒の家

不定冠詞「un / una」

「これから名詞が1つ登場します」の合図

もともと「1つの」という意味なので、数えられる名詞の単数形にしかつけられません。

  1. 数えられるものの名詞の前に置いて「ひとつの」「ひとりの」
    複数では「いくつかの」
    Tengo un libro.(私は一冊の本を持っている。)
    Hay unos niños en el parque.(公園に数人(2, 3人)の子供がいる。)
  2. 特定のものと不特定のものを指す「ある…」「どこかの」
    (特定) 話し手のみ内容が分かっている場合
    Eso está escrito en una novela.(それはある小説に書かれている。)
    (不特定) 話し手も聞き手も分かっていない場合
    Pasamos la tarde en un jardín.(どこかの庭で午後を過ごしましょう。)
  3. 形容詞を強調
    「何とも言えないほどの」「一種独特の」に近い意味を表す
    una luna muy hermosa(一種独特の、なんとも言えないほど美しい月)
    con unos ojos azules(一種独特の、青い目で)
    Él tiene unos padres estupendos.(彼にはすばらしい両親がいる。)

不定冠詞に複数はナシ

  • 不定冠詞は基本的に単数だけです。
  • 複数形の「unos,unas」は不定形容詞なので、不定冠詞の複数形ではありません。
    たとえば、
    「un libro」の複数は「libros」です。「dos libros」(本2冊)
    「unos libros」は、(数冊の本)(何冊かの本)という意味になります。
  • 数字の前の「unos, unas」「約、ぐらい、ほど」という意味です。
    たとえば、
    unas diez casas(10軒ぐらいの家)
    unos cincuenta libros(約50冊の本)

「un」+ 女性名詞

  • アクセントのある「a, ha」で始まる女性単数名詞の前では「una」ではなく「un」が使われます。
    王立アカデミーでは「una」を勧めていますが、実際には「un」のほうが多く使われています。
    「un haya」/「una haya」(1本のぶなの木)
  • 冠詞と名詞の間に形容詞がある場合は「una」になります。
    「una hermosa haya」(美しいぶなの木)

不定冠詞「un / una」の使い方

基本的には、聞き手にとって、具体的にわかっていない人や事、物を指します。

  1. 聞き手が了解していない人や事、物を漠然と指す
    「ある…」「何かの」「どこかの…」
    Ayer compré un libro muy interesante.
    (私は昨日、とてもおもしろいある本を買いました。)
  2. 種類一般を表わす
    「どの…も」「…ならばどれでも」「…というものは」
    Un estudiante de medicina debe saber esto.
    (医学の学生ならばこのことを知っていなければならない。)
  3. 同一性を表わす
    「同じ…」
    ¡Qué importa bastón, idea o luz! En el fondo todo es un ideal.
    (権力も理念も光も問題ではない。根本ではすべては同一の理想なのだ。)
  4. 固有名詞の前について「…という人」
    Un señor Fernández desea hablar con usted.
    (フェルナンデスさんという方があなたとお話ししたいそうです。)
    「…のような人」「…のようなもの」
    En un Madrid, no faltan teatros.
    (マドリードほどの都市に劇場がないはずがない。)
  5. 名詞(句)を強調
    「本当の」「まさに…」「大変な…」「ひどい…」
    !El señor López es un profesor!
    (ロペスさんは本当の教師だ。)
    ¡Vaya una canción la de esos señores!
    (その人たちの歌といったら!)
  6. 否定文を強調
    「ひとつの…もない」
    No dijo una palabra.
    「彼はひとことも言わなかった。」
  7. 他の品詞を普通名詞に変える。
    「…というもの」
    Un cuatro en matemáticas, eso no está bien.
    (数学で4をとるのはよくない。)
  8. 好ましくない意味を強調
    Él es un cobarde.
    (彼は卑怯者だ。)
  9. 形容詞や「de」などの修飾語がつく場合
    Ana es una estudiante de historia.
    (アナは史学科の学生です。)

 

 

定冠詞「el / la / los / las」

「これからあなたも知っているあれが登場します」の合図

定冠詞は、祖語ラテン語の時代の指示形容詞が弱化してできた言葉で「その、例の」を意味することがしばしばです。しかし、多くの場合は日本語の訳語がまったくなく、単に形式として習慣的に使用します。

  1. 数えられる名詞の単数形だけでなく、複数形数えられない名詞にもつきます。
  2. 定冠詞の複数形「los, las」は「それらの」を意味するほかに、「すべての」という意味があります。
    Las casas de este pueblo son de madera.
    (この村の家は、みんな木でできています。)

定冠詞「el / la / los / las」の使い方

  1. 指示的用法
    「すでに話題となっているもの」
    La muchacha es alta.
    (その少女は背が高い。)
    「まわりの状況からそれと分かるもの」
    ¿Cuando es la boda?
    (その / 例の結婚式はいつですか?)
  2. 総称的用法(~というもの)
    「特に主語の位置で使用される」
    ¿El español es facil?
    (スペイン語(というもの)は簡単ですか?)
    El libro es uno de los inventos más importantes de la civilización humana.
    (本(というもの)は人類の文明のもっとも重要な発明の一つです。)
    El tiempo es oro.
    (時(というもの)は金なり。)
  3. 強調を表す
    Así es la forma de hablar.
    (これが話し方というものだ。)
  4. 唯一の物(自然現象、方向、季節、曜日、月日や抽象名称)
    el sol(太陽)、el norte(北)、el verano(夏)、el 22 de agosto(8月22日)、la verdad(真実)、el tiempo (時間)
  5. 敬称のついた人名
    El senor Lopez es espafiol.
    (ロペス氏はスペイン人です。)
    el doctor Gomez
    (ゴメス医師)
  6. 国有名詞の次に限定詞が来る場合や作品の題名
    el Quijote
    (ドン・キホーテ)
    la bella Carmen
    (美しいカルメン)
    la Madrid de siglo XX
    (20世紀のマドリード)
  7. 身体の一部,または全体を言うとき、身体の付属品
    Abrió los ojos y levantó la cabeza.
    (彼は目を開けて頭を上げた。)
    Ponte el abrigo.
    (オーバーを着なさい。)
    La madre le levó las manos al bebé.
    (母親は赤ちゃんの手を洗ってあげた。)
  8. 祝祭日、日、季節、曜日、パーセント、建物、家具類
    la Navidad
    (クリスマス)
    el domingo
    (日曜日)
    Mi cumpleaños es el 15 de septiembre.
    (私の誕生日は、9月15日です。)
    El 20% (por ciento) de los encuestados contestaron que sí.
    (アンケート対象者の20%の人が『はい』と答えた。)
  9. 海・川・湖・山・島・通りの名前など
    el Océano Atlántico
    (大西洋)
    el Monte Fuji
    (富士山)
    las Islas Canarias
    (カナリア諸島)
    la Princesa
    (プリンセサ通り)
  10. 普通名詞が固有名詞化したもの
    la Mancha
    (ラ・マンチャ地方)
    el Escorial
    (エスコリヤル宮殿)
    los Países Bajos
    (オランダ)
    los Estados Unidos
    (合衆国)
  11. 全体を表す
    Va a vender el ganado que tiene.
    (彼は自分の持っている家畜を全て売ろうとしている。)
  12. 時刻(女性定冠詞十基数詞)
    Es la una.
    (11時です。)
    Son las tres y media.
    (3時半です。)
  13. 場面によって指すものが明確に定まっているとき
    ¿A qué hora se abre el banco?
    (銀行は何時に開きますか?)
  14. 具体的な場面でなく話者の想像の世界にあるもの
    Recuerdo muy bien los días felices de infancia.
    (私は子供の頃の幸福な日々をよく覚えている。)
  15. los + 姓「…家、…一家、…家の人々」
    los López
    (ロペスさん一家)
  16. スポーツチーム名は男性定冠詞
    el Barcelona
    (バルセロナ・チーム)
  17. 同格で用いられる別名・あだ名
    Isabel la Católica
    (カトリック女王イサベル)
  18. 略語の前につける
    la ONU (la Organización de Naciones Unidas)
    (国際連合)
  19. 個人名に定冠詞がつけられると俗語的になり、軽蔑・からかい・親しみを表わす。
    la Paloma
    あのパロマ(女性の名)

「el」+女性名詞

  • アクセントのある「a, ha」で始まる女性単数名詞の直前では「la」は「el」となります。
    el agua」(水)「el hacha」(斧)

「al」と「del」という形

  • 「al」
    前置詞「a」+ 定冠詞の「el」
    El banco está al final de esta calle.
    (銀行はこの通りの突き当たりにあります。)
    al señor Romeo
    (ロメロさんに)
  • 「del」
    前置詞「de」+ 定冠詞「el」
    España está en la parte sur del continente europeo.
    (スペインはヨーロッパ大陸の南部に位置する。)
    del señor Romeo
    (ロメロさんの)

スペイン語の定冠詞ルール

不定冠詞と定冠詞を比べてみる

  • 不定活詞
    El es un famoso profesor.
    (彼は有名な先生です。)形容詞(famoso)を伴ない名詞(profesor)の意味を強める場合(強調的用法)
  • 定詰詞
    El es el profesor Gomez.
    (彼はゴメス先生です。)敬称のついた人名の場合
    ¿Como es el profesor?
    (その先生はどんな人ですか?)指示的用法の場合

 

  • 不定冠詞
    Hace un sol brillante.(太揚がさんさんと輝く。)
    形容詞(brillante)を伴って名詞(sol)の意味を強める場合(強調的用法)
  • 定冠詞
    Sale el sol.(太陽が出る。)
    唯一物として太陽を表す場合

 

  • 不定冠詞
    una mano(片手)
  • 定冠詞
    la mano(左右どちらの手でも区別しない手)

 

 

無冠詞

「1つ」ととらえられず、はっきしした区切りがないために「あれ」と指示できないものや、漠然と本質を表すものです。
無冠詞となるのは、複数形や数えられない名詞の場合など、不定冠詞(un / una)が使えないときです。

  • 固有名詞「国名」や「人名」
    España, Japón, Francia, Maria
    (スペイン、日本、フランス、マリア)
  • 身分、職業、国籍などを一般的に表す場合
    Ella es profesora.
    (彼女は教師です。)
    Soy estudiante.
    (私は学生です。)
  • 抽象名詞や物質名詞(特に不可算語、連続語)が目的語(補語)となる場合
    Tomamos café en las terrazas.
    (私たちはテラスでコーヒーを飲みます。)
    Necesitamos agua y aire para vivir.
    (私たちが生きていくためには、水と空気が必要だ。)
  • 数的な制限を受けず漠然と表す場合
    Hay niños en el parque.
    (公園に子供たちがいる。)
  • hablar, enseñal,aprender, estudiar などの後ろの国籍名
    Los habitantes de España hablan español.
    (スペインの人々はスペイン語を話す。)
  • 説明的な同格「…である」
    Estoy en Japón, capital de Tokio.
    (私は日本の首都である東京にいる。)
  • 移動の方法を表す場合
    Voy en autobús.
    (私は、バスで行きます。)
  • 材料を表す場合
    tarta de manzana
    (リンゴのタルト)
  • 前置詞+名詞で他の名詞の意味を補足する場合
    Quiero tomar café con reche.
    (私は、カフェオレが飲みたい。)
  • 月を表す場合
    en enero
    (1月に)=en el mes de enero
  • 漠然としている時期
    En invierno voy al norte a esquiar.
    (私は、冬には北へ行ってスキーをする。)
  • 人への呼びかけ
    Señol López, ¿Cómo estás?
    (ゴメスさん、お元気ですか?)
  • 個人名(洗礼名)につける敬称「don」(男)「doña」(女)
    don Francisco, doña Teresa
    (フランシスコさん、テレサさん)
  • 身体の一部であっても、前置詞+名詞で他の名詞の意味を補う場合
    (tener などと習慣的に使われる場合)
    Tengo dolor de cabeza.
    (私は頭が痛い。)
  • hacer の三人称単数で自然現象を表す場合
    Hace sol.
    (日が照る。)

どのような名詞が不可算名詞なのか?

名詞を数えるには、「1つ目」と「2つ目」の区切りが必要です。
そのため、決まった形を持たず、「1つ目」と「2つ目」を明確に区切らない名詞は、不可算名詞となります。

総称を表す名詞

  • dinero(お金)
    硬貨「moneda」 や、お札「billete」は1枚2枚と数えられますが、「dinero」 は、硬貨・お札などを合わせた総称のことなので、1つ2つ、とは数えられません。
  • mueble(家具)
    家具は、机や椅子などを合わせた、家具の総称なので、数えられません。
  • equipaje(荷物)
    カバン「bolsa」やスーツケース「maleta」などを合わせた、荷物の総称なので、数えられません。

素材や物質に着目している物質名詞

  • agua(水)
    「1つ目」と「2つ目」の区切りがないため、数えることができません。

数えられそうな物質名詞

「agua(水)」や「leche(牛乳)」は「区切りがないから数えられない」ことは、理解できました。それに比べて「1つ、2つ」と数えられそうな不可算名詞には注意が必要です。

「1つ目」と「2つ目」の区切りがない=「どこでも区切れるもの」と考えてみる。

  • pan(パン)
    どこで切っても「パン」として成立するため、数えることができません。
  • tiza(チョーク)
    「1本、2本」と数えられそうですが、どこで折っても「チョーク」として成立するため、数えることができません。
  • papel(紙)
    「1枚、2枚」と数えられそうですが、どこで切っても「紙」として成立するため、数えることができません。

抽象名詞

物質の性質や状態を表す抽象名詞も、決まった形を持たないため数えることができません。

  • información(情報)
  • tarea(宿題)
  • consejo(助言)
  • noticia(ニュース)

 

 

中性定冠詞「lo」の使い方

定冠詞には「lo」という中性形があり、単数や複数の変化はありません

  1. 「lo」 + 形容詞(句)
    抽象名詞や集合名詞を作る。「…なもの」「…なこと」
    Lo ideal es diferente de lo real.
    (理想は現実と異なる。)
    Ya hemos dicho todo lo necesasrio.
    (もう私達は必要なことをすべて言いました。)
  2. 「lo」+過去分詞
    「…したこと」、「…されたこと」
    Él tiene la culpa de todo lo ocurrido.
    (起こったことはすべて彼のせいです。)
    Lo dicho, dicho.
    (一度言ったことは取り消せない。)
  3. 「lo」+所有形容詞
    「…のもの」
    Lo mío, mío, y lo tuyo, de entrambos.
    (私のものは私のもの、君のものは二人のもの。)
  4. 「lo de…」
    「…のこと」
    Olvidó lo de la reunión.
    (彼は会議のことを忘れてしまった。)

冠詞は奥が深い

冠詞を付ける、付けないは、熟語や成句として、理屈では割り切れないことがあるので、そのまま覚えてしまう方が良いです。
また、慣習的な使用も多いので、これは、勉強や会話によって理解・習得していくことが大切なのです。

動詞や前置詞によって冠詞の用法がだいたい決まることがあるもの

  • Me gusta el café.
    (私はコーヒーが好きだ。)
  • Me apetece café.
    (私はコーヒーが飲みたい。)
  • Trabajo de 9 a 5. / Trabajo desde las 9 hasta las 5.
    (私は9時から5時まで働く。)

名詞が2つ以上並ぶときはふつう最初の名詞にだけ冠詞をつける

  • Los jefes, oficiales y soldados combatieron con gran valor.
    (隊長も将校も兵士もみな勇敢に戦った。)

しかし、
それぞれの語が独立して重要性があるときはそれぞれに冠詞をつけます。

  • Se arruinaron los vencedores, los vencidos y los neutrales.
    (勝者も敗者も中立の者も壊滅した。)

参考文献

橋本和美: 『初級スペイン語文法の授業における冠詞の教授法について
上田博人: 『スペイン語ガイドブック 冠詞


新版 スペイン語の入門《CD付》

どれくらいあなたは知ってる?

いがいと知らないものなんです。
「知っておけば効率アップ!!」スペイン語の勉強用単語集

Gracias por leerme. Hasta la próxima.