ペルー人がよく言うスペイン語の「de repente」は、「たぶん」

ペルー人のスペイン語

もうすっかり完全に覚えた「de repente」という語彙。辞書を引くと、「急に」「突然」となっています。

例文
Amelia estaba sentado y, de repente, cayó al suelo desmayada.
(アメリアは座っていたが、急に気を失って床に倒れた。)
使い方はこんな形になります。
しかし、
ペルー人は、違う意味でよく言います。

ペルー人独特の言い回し

私が今一番仲良くしている言語パートナーは、ペルー人です。でも、ヨーロッパ系が入っているので、純ペルーではない上、アメリカに住んでいます。実際スペイン語を使うのは、家族や私と話す時ぐらいだそうで、普段は英語で生活しています。だからたまに発音が英語っぽくなります。でも、彼のスペイン語はとても聞き取りやすく、なにより私の好きな声。笑

そして、今までペルー人の友達はひとりもいなかったので、私にとって初めてのペルースペイン語です。
しかし、こんなにも「de repente」を聞くことになるとは思いませんでした。ほぼ、毎日聞いている、と言ってもいいかも。

最初のうちは、「このフレーズの ” de repente ” て関係ないよな~」と謎でしたが、スルーしても会話になったので、「ま、いっか」と。
だけど、あまりにも言いすぎ。笑。

De repente está en Nueva York.
Sí, de repente es como Japón, China y Korea.
Recién me había despertado, de repente mi cara se veía mal.
De repente la próxima vez si tú no sales de fiesta.
Sí, de repente si puedes ir en el futuro.
Si tienes tiempo libre de repente podemos encontrarnos.
De repente no puede escuchar.

などなど、こんなに「突然」があるの?何かとついてくる。
そこで、
ついに?とうとう?気になり出して聞いてみると・・・

たぶん」とか「もしかしたら」「おそらく」という感じらしい。

なるほど~
スッキリ!
確かに私達日本人も「たぶん」という表現は1日の中で何度も使っています。

ペルー人のスペイン語

疑惑、予測の表現

quizá おそらく(+接続法 / +直接法)
tal vez 多分(+接続法 / +直接法)
posiblemente おそらく(+接続法 / +直接法)
probablemente おそらく(+接続法 / +直接法)
seguramente 多分(+接続法 / +直接法)※直接法で使われることが多い
puese(ser)que ~かもしれない(+接続法)
a lo mejor 多分(+直接法)
igual 多分(+直接法)※口語的表現
lo mismo 多分(+直接法)※口語的表現

ER動詞「depender」と・・・

おもしろいのが、同時に「depende」を覚えられたこと。「de repente」と似ていませんか?
depende」は、ER動詞「depender」の3人称で(・・・次第である)という意味です。

もうどうしてもごちゃまぜになってしまい、いつまでたっても覚えられなくて、苦労していたところだったのです。

例文
Que acabemos o no el trabajo a tiempo depende sólo de ti.
(仕事を期日中に終わらせるか否かはすべて君次第だ。)

ペルー人のスペイン語「de repente」

こんなふうに思いがけなく語彙を身につけられるのも、リアルな会話があるからだな、と感じます。
そしてスペイン語が使われる地域は広大なので、本当に興味深くてぜんぜん飽きません。

Gracias por leerme. Hasta la próxima.

スポンサーリンク