今「旅行」できる方法!「空港ごはん」でペルーに行くよ!

08/29/2020

ペルーの絶品レシピ

旅に出たいなー!
「今年の夏は、初の南米!!ペルーに行ってみよう!!憧れのマチュピチュ♪ふわもこのLlamaちゃん、アルパカちゃんといっぱい写真撮るんだ!」

なぁーんて、ワクワクしながらプランを考えていました。でも、今年はあきらめです。来年もどうかな・・・?て感じですよね。
ペルー料理のインスタばかり見ています。
食べたいし行きたいし泣きたいし、で・・・もうもう。(笑)
しかも、ペルー人でリマに住んでいるアミゴと「Pisco sour」の話をしたばかりでやけに飲みたくなったし。(まだ飲んだことない)

今旅行できる方法!

それは料理です。手っ取り早く世界を味わえます。
私が憧れている有名なシェフ『Gastón Acurio』氏のレシピで早速、料理研究を開始します。

クラシックで最高のセビーチェ

La receta salvaje: cómo preparar el mejor ceviche.

Ceviche clásico
Ceviche clásico

材料(4人分)

刺身用白身魚切り身(ヒラメ、スズキ、ハタなど) 4枚

レモン汁 20個分
ニンニク 2片
唐辛子 2個
コリアンダーの茎のみじん切り 小さじ1
氷 2~3個

塩、コショウ

赤タマネギ 1/4 個
コリアンダーの葉
コーンナッツ
トウモロコシ
サツマイモ

作り方

  1. 魚は 2 cm の角切りにし、ボウルに入れて、塩、コショウで味付けします。1分後、細かくみじん切りにしたニンニクと唐辛子を加えよく混ぜます。 レモン汁を振りかけ、細かく切ったコリアンダーの茎と氷を加えてかき混ぜ、数秒間マリネします。
  2. 氷を取り除き、薄くスライスした赤タマネギを入れてよく混ぜ合わせたら、塩、コショウで調整します。
  3. お好みでトウモロコシやサツマイモなどを付け合わせ、深皿に盛り付けてます。

ポイント

古典的なセビチェでは、皮や骨のない白身魚でしっかりとした身を選びましょう。また油の乗ったものや青い魚は避けてください。
茹でた海老やイカなども入れると優雅な一皿になります。

空港ごはん

Lo llamamos “aeropuerto” porque todo aterriza aquí.

Arroz chaufa aeropuerto
Arroz chaufa aeropuerto

材料(4人分)

サラダ油 200g
中華卵麺 200g
皮なし鶏の胸肉 200g
生姜の皮 5mm
ニンニク 1片
赤ピーマン 1/2個
いんげん 40g
ご飯 1kg

オイスターソース 大さじ2
醤油 大さじ1
砂糖 1つまみ
チャイブ(緑の部分)のみじん切り 小さじ1/2
ごま油

作り方

  1. 鍋にサラダ油を入れ、麺を黄金色になるまで炒めます。
  2. カリカリになった麺は、油を切るために、キッチンペーパーの上に置いておきます。
  3. 大さじ2のサラダ油を大きなフライパンまたは中華鍋に入れ、かなり熱くなるまで加熱し、一口大に切った鶏肉を強火のまま6分間炒めます。
  4. 鶏肉が焼けたら、いったん取り出し、キッチンペーパーで鍋をきれいにふき取ります。
  5. サラダ油を鍋に入れ、中火で加熱します。みじん切りにした生姜の皮とニンニクを炒めます。次に、細切りにした赤ピーマン、いんげん、ご飯、オイスターソース、醤油を加えます。
  6. 2〜3分間よく炒めたら、鶏肉、2.の麺、砂糖を加え、1分ほど炒めます。刻んだチャイブを入れて、ゴマ油をまわしかけて仕上げます。
  7. 最後によくかき混ぜて盛り付けます。

料理名の由来

全ての食材がここに着陸するため、「空港」と名付けました。(ステキ☆)
シカゴのレストラン「Tanta」で最も人気があるメニューですが、ペルー人や世界中の人たちの心を徐々に征服してきた料理です。

リマの原因プレート

Causa Limeña’ rellena.

Pastel de patata y atún
Pastel de patata y atún

材料(4人分)

黄色いジャガイモ 8個
黄色の唐辛子ペースト 120 ml
レモン汁 6個
サラダ油 大さじ4
ツナ 600 g
赤タマネギ 1個
マヨネーズ 225g
アボカド 1/4個
トマト 1/4個
ゆで卵 4個
パセリのみじん切り 小さじ2

作り方

  1. ジャガイモは、皮をむいて柔らかくなるまで茹でます。ジャガイモの水気を切って、ボウルの中で滑らかになるまでマッシュします。そこへ唐辛子ペースト、レモン汁、サラダ油を加えて混ぜ合わせ、塩で味を整えます。
  2. 別のボウルにツナ、みじん切りの赤タマネギ、175g 分のマヨネーズを入れてよく混ぜます。
  3. マッシュポテトの半分を 15×10cm の長方形のパットか皿に広げ、その上に、スライスしたアボカド、トマト、卵、2.を重ねていきます。 その上に残りのマッシュポテトを広げ、残りのマヨネーズとパセリのを上に乗せてできあがり。

ポイント

ツナの代わりに鶏肉のささみをほぐしたものでも美味しく作れます。もちろん野菜だけでもOKです。

料理名の由来

「Causa Limeña’ rellena(リマの原因がいっぱい)」は、ペルーの代表的な前菜のひとつです。
ちょっと変わったネーミングを持つこの料理、元々は、名前のない料理でしたが、太平洋戦争中、独立の「原因」(軍事費用)をサポートするためにリマの街角で売られました。この文脈で「原因」という名前が付けられたと言われています。Wikipedia による

料理名の「limeña」は、リマの(人)という意味です。

2月のめでたいカクテル・ピスコ ” サワー “

Pisco ‘sour’ 

Pisco 'sour'
Pisco ‘sour’ 

材料(1人分)

氷 15個
ピスコ 大さじ6
レモン汁 大さじ2
シロップ 大さじ2
卵白 大さじ1
ラム酒(angostura) 2滴

作り方

  1. ミキサーまたはシェーカーに氷を入れ、全ての材料を追加します。3秒間かくはんするか、8秒間シェイクします。
  2. 冷たいカクテルグラスに注ぎ、 中央にラム酒を2滴添えます。

起源

カクテル愛好家の中で、「ピスコ」か「ピスコサワー」かで、しばしば議論されるトピックです。 チリとペルーはどちらもピスコサワーを国の飲み物として主張しており、それぞれがカクテルのベースリカー「ピスコ」の所有権を主張しています。チリに起源があると考えている人もいれば、ペルーで生まれたと考えている人もいます。
ペルーの「ピスコサワー」は、ペルーのピスコをベースリカーとして使用し、絞りたてのライムやレモンジュース、シンプルなシロップ、氷、卵白、アンゴスチュラビターを加えます。
チリのバージョンも似ていますが、チリのピスコとパイカライムを使用しており、苦味と卵白を除いています。

2004年、ペルー政府は、ピスコサワーに敬意を表して、毎年2月の第一土曜日を祝日とし、2007年にはピスコサワーを国の文化遺産として宣言しました。Wikipedia による

Left Caption

AMIGO

Me gusta el pisco sour. Es buenísimo, es una bebida de perú. Pero el pisco sour te engaña. jaja
Me refiero a que al inicio cuando lo tomas no parece tan fuerte pero después te choca. jajaja
Si tomas alguna vez, ¡tómalo despacito por favor! jaja
ahh tambén hay maracuyá sour.

アミゴも大好きな「Pisco(ピスコ)」はペルー発祥の蒸留酒で、ブドウから作られる薫り高いお酒です。ブランデーのように樽で熟成させないため色は、透明です。レモン、洋ナシ、プラム、ジャスミン、レモングラス、ハチミツなどいろんな香りに例えられ、なんとも言えない独特な芳香が病みつきになるそうです。アルコール度数は40度前後と超強いお酒なので、ゆっくり気をつけて飲むように、と。(笑)
ラテン諸国の蒸留酒て、ほんと危険ですよね。でも、ピスコ、おいしそう。
日本でなかなか入手できそうにありませんが、メルカリで売られているものがいくつかありました。

 

 

参考文献


Gastónさんのレシピ本(スペイン語)です。600以上のペルーの家庭料理レシピが満載!

created by Rinker
Debate
¥1,876 (2020/09/20 22:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

¿Quién es y por qué es importante Gastón Acurio?

最後に、軽くですが、Gastón Acurio さんについて。
ご存じの方もいると思いますが、世界で最も有名なシェフの一人です。

Gastón Acurio nació el 30 de octubre de 1967 en Lima, Perú.
1967年10月30日にペルーのリマで生まれました。

彼は、幼い頃からキッチンにいるのが大好きで、いつも料理人と一緒に好きなものを作っていました。
スペインの大学で料理を学んだ後、パリのコルドンブルーで修行をし、卒業後にペルーへ戻ります。
そして、自国や世界の国々(エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、チリ、ボリビア、アルゼンチン、パナマ、メキシコ、スペイン、アメリカなど)で、レストランを展開。

妻はシェフでもある Astrid Gutsche さんで、レストラン「Astrid&Gastón」を二人で経営しています。
ペルー料理と国際料理に優れているだけでなく、シーフードの専門家でもあり、多くの人から愛されています。

GastónさんのPodcastがあるので、料理やレシピに興味があれば、スペイン語の聞き流しにピッタリです。

La receta de Gastón Acurio

La receta de Gastón Acurio

美味しいおうち時間を

「ペルー料理難しそう!しかもシェフのレシピなんて無理!!」
いえいえ、そんなことないんです。いがいとシンプルで体にも良くって彩りも美しい。
材料も日本で調達できるものばかりなので、すぐに挑戦できます!
さぁ、お家でこれからペルー気分!!おひとり様でもご家族たくさんでも楽しめます♪

美味しくて幸せなおうち時間になりますように。
Gracias por leerme. Hasta la próxima.