子供も大人も!楽しくスペイン語のアルファベットを学ぶ方法

01/10/2021

El abcedario子供のスペイン語アルファベット

アルファベット(el abecedario)を学ぶことは、スペイン語の学習を始める人たちにとって、後に読み書きを始めるための最初のステップです。

私たち日本人が「ひらがな」を全部書けるようになる目安は、4歳から5歳と言われています。ですから、初めてスペイン語のアルファベットを学習するということは、自分が大人だとしても、子供のつもりで練習しましょう!
そのために、やることは「子供向けのやり方」で学ぶことが最適です。
また、お子様に「少しでもいいから、スペイン語に触れさせたい!」という親御さんもいると思います。
アルファベットを学ぶことは、子供の脳の発達にプラスの影響を与えるということがわかっています。ぜひとも、スペイン語を通じて、世界にはいろんな言葉があるということを教えてあげてください。

最初のレッスンが面白いこと

子供たちの最初のアプローチは、アルファベットを学び続ける動機を与え、興味を失わないようにすることです。
最初のレッスンから子供たちを魅了する戦略は、自分の名前の文字や、両親の名前、または、子供たちの好きな人形やキャラクターの名前から練習することです。 小さな子供たちは、少しずつでも、楽しく学ぶことができます。

スペイン語のアルファベット

好奇心を利用する

子供たちは、好奇心が強く、自分たちの環境を探索するのが好きです。だいたい、2.3歳になるとこの好奇心が強まり、周りの物の名前をたずね始めます。各単語を構成する文字を考え、文字の音とスペルを慣れるに、絶好のタイミングです。例えば、家の中にあるぬいぐるみや家具などを書いてみましょう。

 

 

読書と一緒に

幼い頃から本を読むことは、言葉を理解し、語彙を増やすための優れたリソースです。どんなタイプでもかまいませんが、子供の話や子供の歌など、主題が小さな子供たちを引き付けて、読書に集中し続けるようにすることです。イラスト入りの絵本などは、イラストの中の物、人、動物の名前を指摘して、認識しやすくすることができます。

ツールを使用する

文字を使ったゲームはたくさんあります。
さまざまな教材は、学習をより楽しくするだけでなく、私たちの学習意欲を高めます。アルファベットパズルや磁気文字、部屋に飾ることができるアルファベット一覧のポスターなどを準備しましょう。
磁気文字やプラスチック文字で、好きな単語や短い文章を作成します。
アルファベットの本を印刷して自分で色付けしたり、アルファベットのダイスを選んでゲーム感覚で練習します。

歌う

歌はアルファベットの文字を学ぶためには、とても簡単で楽しい手段です。曲を何度も繰り返す聴くことで、メロディーを頭の中に固定し、歌詞を覚えやすくします。また、通学時、就寝前、夕食の準備など、いつでも実践できます。

アルファベットの歌

キャッチーなメロディに合わせたアルファベットの歌の後、アルファベットの文字をリズミカルに数回繰り返して、耳でも目でも楽しく記憶を定着させることができます。
可愛くて面白いですよ。もちろん、発音もよく聴いて身につけてください。

アルファベットのドリル

アルファベットをスペイン語で説明する時の文例です。
文章を理解してイメージを想像してみてください。

  • A. A de avión, volando voy como un ruiseñor
  • B. B de barco o bote, para navegar y descubrir animales fantásticos
  • C. C de casa, cuerpo y caballo… ¡Todo junto forma un establo!
  • D. D de dado, lo tiro y me sale seis, ¡lo he bordado!
  • E. E de estrella, que brilla en el cielo bella
  • G. G de gato, animal que duerme un buen rato
  • H. H de helado, que no se escucha porque es muda como un zapato
  • F. F de foca, y si tengo dado, tiro porque me toca
  • I. I de isla para pasar un día al sol y en familia
  • J. J de Jirafa que con un Juanete no podía caminar
  • K. K de Kilo, para medir lentejas y también trigo
  • L. L de león que cuando ruge huye hasta el camaleón
  • M. M de Mamá, quien te dice que te comas las manzanas y el melón
  • N. N de niño, niño juguetón ve a la cama que debes descansar
  • Ñ. Ñ de de Ñú o Ñandú, no hay muchas más que comiencen con la Ñ. ¿sabes alguna más tú?
  • O. O de oso, grande pero cariñoso
  • P. P de pelota y perro, grandes compañeros de juego
  • Q. Q de Queso rico para los ratones y para los queseros
  • R. R de ratón, pequeño, rápido y muy juguetón
  • S. S de sol, grande, lejano y muy amarillo
  • T. T de trampolín, para saltar en la piscina con cuidadín
  • U. U de uva, te comes una o verde o morada pero no te dejes nada
  • V. V de viento, que cuando sopla fuerte tienes que agarrarte
  • W. W de water, corre corre que no se escape
  • X. X de xilófono un instrumento muy divertido ¡do, re, mi, fa, sol!
  • Y. Y de yoyó, sube y baja rápido, ¡cuidado que cayó!
  • Z. Z de zapato, átalo bien que no te hagas daño

マイペースがいちばん!

子供に限らず、私たちがアルファベットの文字を学ぶペースは人によって違ってきます。子供の場合、脳の成熟が遅いためだったり、単に学習率が遅い子供もいます。このような場合、いきなり、子供たちにアルファベット全体を学ばせたり、ある文字から別の文字にすばやく覚えさせることは無意味です。おそらく、子供たちに欲求不満を感じさせ、興味を失うことになるからです。いちばん良いのは、自分のペースで進み、無理して詰めこまないことです。

子供のためのスペイン語アルファベット

画像をクリックすると大きな写真になります。
下にPDFファイルのリンクがあるので、プリントして使うこともできます。

スペイン語アルファベット

プリントしてみる
Abcedario español
クリックするとPDFが開きます。

スペイン語ならではの「Ñ ñ」

スペイン語のアルファベットは、2010年の正書法の改正で27文字に定められ、ñを除いて英語と同じになりました。ÑのNの上についているtilde(~)は、 nnの2文字を省略して書くために修道僧によって作られたとされています。
tildeは、スペイン語とスペイン文化を象徴する記号として、スペイン国営セルバンテス文化センター東京Institulo Cervantes」のロゴにも使われています。

Instituto Cervantes Tokio

ゲームでスペイン語

まだまだ続くコロナ渦のお家時間にいかがですか?
スペイン語でゲームをする時に役立つおもしろいフレーズ

Gracias por leerme. Hasta la próxima.