文法

お役立ちスペイン語

スペイン語の「estar」と「haber」表現「います」と「あります」

スペイン語の動詞「estar」と「haber」の使い分けは、おそらく、Aレベルのスペイン語学習者が悩ましい文法事項だと思われます。 「estar」には、形容詞と合わせて主語の一時的な状態を表す用法もありますが、今回は、特定の人や物...
お役立ちスペイン語

用法別でわかりやすく!スペイン語の「受け身」表現

主語が「~する」という能動文に対し、「~される」文を受動文(受身文)と言います。 受動文(受身文)では、行為者が主語にならず、行為を受ける側が主語になります。 スペイン語は、新聞やビジネスの文においてはよく使われていますが、日常...
よく使うスペイン語

スペイン語の「~ほうがいいです」を表現するには?

「雨が降りそうだから傘を持って行ったほうがいいよ。」 「バスより地下鉄で来たほうがよかった。」 など、自分の希望や意見を伝えたり、誰かに提案やアドバイスをする時、「~した方がいいでしょう」「~する方がいいよ」または「~しない...
お役立ちスペイン語

人に何かを依頼するには?スペイン語「命令文」の作り方

「命令」や「依頼」を表す動詞の形が命令形です。 日本語の命令文は、別の人に行動を強制したり、禁止したりするために使用されることが多く、威圧感がありますが、スペイン語では、日本語よりカジュアルでよく使用されます。 例えば、「¡Di...
お役立ちスペイン語

「スペイン語」接続法の現在(未来)と過去をわかりやすく理解!

スペイン語はラテン語から派生したロマンス言語で、約15,000の動詞があり、そのうち私たちが使用する動詞は600あまりになります。 そのうちの直説法、接続法と呼ばれるスペイン語の文法ですが、この違いは何でしょう? 前者が行動...
よく使うスペイン語

スペイン語の「過去使い分け」点過去と線過去の違いは?

スペイン語の過去は苦しい・・・その使い分けがややこしい。 スペイン語の過去が難しい最大の原因は、過去の時制が何種類もあること。 直説法は5つ、接続法は4つも!(泣きそう・・・) 中でも、点過去と線過去がわかりにくいです...
よく使うスペイン語

スペイン語の「よく使う再帰動詞」と「さまざまな使い方」

スペイン語には、主語が自分自身に対する行動を表す動詞があります。 「再帰動詞」と言われています。再帰動詞は「不定詞に代名詞がある動詞」です。 スペイン語の代名詞は、 (yo) me, (tú) te, (él/ella) ...
よく使うスペイン語

スペイン語には「que」がいっぱい!「que」と「qué」の早わかりまとめ

スペイン語には「que」が多用されますよね。 「que」と「qué」 スペイン語の特徴でもある、この2つの言葉を区別することが重要です。 一方はアクセント符号(tilde)があり、もう一方はありません。 たとえば、よ...