「星の王子さま」の心に響く名言集(スペイン語と日本語)

08/12/2020

星の王子さま スペイン語 (El principito)

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる小説「星の王子さま」の心に響くやさしい言葉をスペイン語と日本語でご紹介します。
「星の王子さま」は世界で翻訳されている本の一つです。私はスペイン語の先生から、スペイン語版をプレゼントされてはじめて読みました。
(そういうセンス、イケてる先生ですよね~!)

もちろん、この本のことは知っていましたが、子ども向けかと思っていたのでそんなに興味がなく・・・
でも、スペイン語を勉強している初心者が、スペイン語の本、つまり、「スペイン語を活字で読んでみたい」という方であれば、ぜひおすすめしたいです。

愛らしさのフレーズ

El amor no consiste en mirarse el uno al otro, sino en mirar juntos en la misma dirección.

愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

Un objetivo sin un plan es solo un deseo.

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。

El amor verdadero es inagotable; cuanto más le das, más tienes.

真実の愛は無限です。与えれば与えるほど大きくなる。

Lo que das, es lo que recibes.

あなた自身を与えれば、与えた以上のものを受け取るだろう。

優しさのフレーズ

He aquí mi secreto, que no puede ser más simple: solo con el corazón se puede ver bien; lo esencial es invisible a los ojos.

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。

Lo que hace al desierto tan bello, es que esconde un pozo en algún lado.

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ。

Cuando mires el cielo por la noche, dado que yo estaré en una de ellas, dado que yo reiré en una de ellas, entonces será para ti como si rieran todas las estrellas. Tú tendrás estrellas que saben reír !

ぼくは、あの星のなかの一つに住むんだ。その一つの星のなかで笑うんだ。だから、きみが夜、空をながめたら、星がみんな笑ってるように見えるだろう。

純真さのフレーズ

Todas las personas mayores fueron al principio niños (aunque pocas de ellas lo recuerdan).

おとなは、だれも、はじめは子供だった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。

En cuanto al futuro, tu tarea no es preverlo, sino hacerlo posible.

未来とは、あなたが予知しようとするものではなく、自分で可能にするものだ。

Sólo se conocen bien las cosas que se domestican -dijo el zorro-. Los hombres ya no tienen tiempo de conocer nada. Lo compran todo hecho en las tiendas. Y como no hay tiendas donde vendan amigos, los hombres no tienen ya amigos. ¡Si quieres un amigo, domestícame!

人間たちはもう時間がなくなりすぎてほんとうには、なにも知ることができないでいる。なにもかもできあがった品を、店で買う。でも友だちを売ってる店なんてないから人間たちにはもう友だちがいない。

読書のメリット

スペイン語学習に本を活用する上で役立つこと。

  • いろいろな話題についていけるようになる
  • 初めて遭遇する言い回しや表現方法を知ることができる

使える語彙が増えると、言いたいことが日本語で話す時と同じように言えるようになります。
良い質問ができるようになって、自分にも相手にも価値のある時間を過ごせます。
本を読んで、知らない言葉や使えそうな表現があったら、すぐに会話で使ってみましょう。
また、思わぬところで共通点が見つかって、一生涯の友達になれるかも知れません。

 

星の王子さま名言集・スペイン語

スペイン語で読む「星の王子さま

インターネットで読む

「星の王子さま」は、パブリックドメインなので、インターネットから無料で全てをダウンロードできます。

洋書を購入する

ネットで読むと目が疲れる、とか、プリントするには大量すぎる、という方は、手間やインク代を考えたら、ペーパーバックを買う方が賢いです。


El principito (Spanish Edition)

おやすみ前に第24章

眠りにつく前に「星の王子さま」をベッドの中で1フレーズでも読むと穏やかな気分になれますよ。
第24章をほんの少しだけ。心の奥底にじんわーりと残る言葉で、ぐっすり快眠。

Siempre he amado el desierto. Puede uno sentarse sobre un médano de arena. No se ve nada. No se oye nada. Y sin embargo, algo resplandece en el silencio…

僕はずっと砂漠が好きだった。なだらかな砂の丘にすわれば、あたり一面、何も見えない。何も聞こえない。
それでもその静寂のなかで、なにかがひっそり光っている・・・

A la luz de la luna, miré su frente pálida, sus ojos cerrados, sus mechones de cabellos que temblaban al viento, y me dije: “Lo que veo aquí es sólo una corteza. Lo más importante es invisible…”

月の光のなかで、僕はその白い額を、閉じた目を、風に震える髪の房を、見つめた。そして思った。<こうして今見ているものも、表面の部分でしかないんだ。いちばん大事なものは、目に見えない・・・>

覚えたい単語

un médano 砂丘
arena 砂地
sin embargo しかしながら, それにもかかわらず
resplandece (resplan-de-cer) 光る, 輝く
el silencio 静けさ, 物音のしないこと

temblaban (tem-blar) 震える
una corteza 樹皮, 果物の外皮
invisible 目に見えない, 肉眼で見えない, 表面に出ない

星の王子様
(C) サン=テグジュペリ

何度読んでも飽きないので、スペイン語の勉強にピッタリです。
この中で、<あ~やっぱりスペイン語て、ステキだな>と思う部分は、” 表面の部分 ” を、”una corteza” (樹皮, 果物の外皮) という単語を使って表現しているところ。比喩表現として、(表面, 見かけ, 外観) の意味になります。でも、文学的すぎる?普段の会話としてもおかしくないのかわからないので、今度友達に聞いてみます。
わりと日本語の上手な外国人の特徴で、アニメのセリフ調みたいになっている人、いませんか?そんなイメージを抱いてしまいました。

快眠のお供に

キュート!!可愛らしいキツネの子です。幸せをくれそうです♪

星の王子さま キツネ 抱き枕

Gracias por leerme. Hasta la próxima.