複数形を詳しく!スペイン語の複数形をつくる方法とその例外

わかりやすく説明!スペイン語の複数形をつくる11の方法と例外

スペイン語の複数形の作り方は、いがいとややこしいです。日本語には複数形がないと言っていいので、けっこう難解だと思います。レッスンやテキストでもなかなか掘り下げて解説しているものがないので、自分なりに友達と勉強してみたことをまとめます。
複数は基本的なものでとても大切な文法のひとつです。しっかり把握するときれいなスペイン語を話すことにつながります。ルールをつかんで、あとは慣れるように練習しましょう!

Comenzamos con los más fáciles.

簡単に形成できるもの

  • 母音(-a、-e、-i、-o、-u)で終わる語 には、「s」をつけます。

libro – libros(本)
mesa – mesas(テーブル)

casas(家), estudiantes(生徒), taxis(タクシー), planos(計画), tribus(部族)

  • -á , -ó で終わる名詞と形容詞には 、「s」をつけます。

papá – papás(父)
sofá – sofás(ソファ)
buró – burós(事務机)
rococó – rococós(ロココ式)
dominó – dominós(ドミノゲーム)

  • -éで終わる語 は、「s」をつけます。

café – cafés(コーヒー)
pagaré – pagarés(約束手形)
rodapié – rodapiés(幅木)

  • -í , -ú で終わる名詞には、「s」または「es」をつけます。

jabalí – jabalís / jabalíes(イノシシ)
bambú – bambús / bambúes(竹)
bisturí – bisturís / bisturíes(メス)
tabú – tabús / tabúes(タブー)
rubí – rubíes / rubís(ルビー)

  • 子音(-d、-j、-l、-n、-r)で終わる語には、「es」をつけます。

ordenador – ordenadores(コンピューター)
reloj – relojes(時計)

  • -yで終わる語 は、「es」をつけます。

ley – leyes(法律)
buey – bueyes(去勢された雄ウシ)
convoy – convoyes(護送)

  • -z 終わる名詞は、「z」を「c」に変えて複数形にします。

cruz – cruces(十字形)
lápiz – lapices(鉛筆)
pez / peces(魚)
luz / luces(光)
voz / voces(声)

  • -s, x で終わる語は、何もつけず、変わらないものと、「es」をつけるものがあります。

cactus – cactus(サボテン)
autobús – autobuses(バス)

特殊なもの

  • 単数形と複数形の両方で使用できる

tijera – tijeras(はさみ)
pantalón – pantalones(パンタロン)

  • 語の終わりから、2または3番目の音節にアクセントがあるものは、常に複数形です。(単複同形)

abrelatas(缶切り)
virus(ウイルス)
ciempiés(ムカデ)
pasamanos(手すり)
sacapuntas(鉛筆削り)

  • 常に複数形の語

gafas(眼鏡)
nupcias(婚姻)
tenazas(火ばさみ)
vacaciones(バカンス)

  • 常に単数形の語

dinero(お金)
hambre(空腹)
adolescencia(青年期)
pánico(恐怖)
avaricia(貧欲)
salud(健康)
tez(顔色)

norte, sur, este y oeste(北、南、東、西)

  • アクセント符号に注意すべき語

examen – exámenes(試験)
institución – instituciones(機関)
espécimen – especímenes(見本)
carácter – caracteres(人格)

  • 子音で終わる外国語は、「s」または「es」をつけます。

club – clubs / clubes(クラブ)

  • -y で終わる外国語には、「y」を「i」に変えて「s」をつけて複数形にします。

panti (panty) – pantis(パンティー)
ferri (ferry) – ferris(フェリー)

  • –ch で終わる外国語は、何もつけず、変わらないものと、「s」をつけるものがあります。

Sándwich – sándwiches(サンドイッチ)
el / los crómlech(ドルメン)
el / los zarévich(ツァレーヴィチ)

複数形に関する好奇心

  • 単数と複数で意味が変化する語

celo(熱中)
celos(嫉妬)

  • もやもやする語

cualquier – cualesquiera(どんな・・・でも)
quitasol – quitasoles(日傘)
bocacalle – bocacalles(曲がり角)
quienquiera – quienesquiera(・・・する人は誰でも)

  • 数字も複数形になる

名詞としての数字の場合、他の単語と同じように、複数形を形成します。 母音で終わる場合は、「s」子音で終わる場合は、「es」をつけます。

cinco – cincos(5)
seis – seises(7)
dos – doses(2)
doce – doces(12)
diez – dieces(10)

  • なぜ、あいさつの言葉は複数形

スペイン語の特徴ですが、伝統的な挨拶は複数形で行われることです。これは量ではなく強さを表しているからです。

Buenos días (buen día)
Buenas tardes (buena tarde)
Buenas noches (buena noche)
Saludos (saludo)

  • 複数形が省略されている語

Págs. – por páginas.(ページごと)
UU. – Estados Unidos(アメリカ合衆国)
SS. – Redes Sociales(ソーシャルネットワーク)
Dptos. / Deptos. – departamentos(部門)
Admones. – administraciones(行政)
D. E. P. – Descanse en paz / Descansen en paz.(安らかに)

 

 

やっかいな名詞の場合

  • 2つの名詞で後の語が修飾語とする文では、最初の名詞だけが複数形になります。

horas punta(ラッシュアワー)
faldas pantalón(スコート)
ciudades dormitorio(ベッドタウン)
niños prodigio(神童)
sofás cama(ソファーベッド)

  • しかし、複数形になるものがあります。

estados miembros(欧州連合加盟国)
países satélites(衛生国)
empresas líderes(大手企業)
palabras claves(キーワード)

色に関する複数形

  • 名詞として機能する場合は、規則に従って複数形にします。

los blancos(白)
los rosas(ピンク)
los carmesíes o carmesís(クリーム)
los azules(青)

  • 色合いを表す場合は、後の語は複数になりません。

los verdes botella(グリーンボトル)
los grises perla(パールグレー)

形容詞の場合

faldas rojas(赤いスカート)
pantalones verdes(緑のパンタロン)
ojos azules(青い目)

例は他にもあります

ここに載せた語彙の他にも、もちろんたくさんあります。最初からすべてを知る必要はないので、同じようなケースに出くわしたら、その単語ひとつでも辞書をひいて調べてみてください。
よく使うものであれば、自然に覚えられます。使わないものは必要ないと考えましょう。

定冠詞もややこしいけど・・・

冠詞も日本語に存在しないため、日本人にとって最も難しい文法の一つだと思います。
でも、追及すると楽しくなってきます。
つく?つかない?スペイン語の冠詞の使い方・ルール

Gracias por leerme. Hasta la próxima.