ヒロインがキュート!!おすすめスペイン語映画『空の上3メートル』

 

アミガにすすめられ彼女の家で一緒に見た青春映画をご紹介します。
スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で、脚本賞にノミネートされた作品です。そしてまた、「スペイン年間興行収入1位」とも言われていました。
スペイン語のタイトルは「Tres metros sobre el cielo」2010年に公開。

ストーリー

フェルナンド・ゴンザレス監督が異なる世界に属する2人の若者の物語を描きます。スペインで人気になったイタリアの作家、フェデリコ・モッチャの最初の小説が原作です。
バイクが好きな不良少年と中流階級のお嬢様が魅かれあう青春映画です。愛、失望、せつなさ、やるせなさ・・・ラテンな明るいものではなく、じわーと来ます。
ストーリーはともかく、ヒロインの «Babi» María Valverde(マリア・バルベルデ)が、すっごく可愛い!そのキュートな魅力をふりまきながら、大胆な演技をしているのも見ごたえがあります。不良役の «Hache» Mario Casasマリオ・カサス)もハンサムで、役柄にピッタリ。ティーンの頃って、こんなちょっと悪めの、でも、ガラスのようなハートを持った男子に魅かれましたよね。

HyB

ロマンチックな台詞

映画のタイトルの意味は、台詞の中にあります。

– Babi: Estoy feliz
– Hache: Creo que yo más
– Babi: No yo mucho más
– Hache: Yo de aquí a Barcelona
– Babi: Pues yo de aquí al cielo
– Hache: ¿Así? Pues yo muchísimo más
– Babi: ¿Cuánto?
– Hache: A tres metros sobre el cielo

– Babi: 幸せよ
– Hache: 俺はもっとだ
– Babi: 私はもっともっと
– Hache: 俺はここからバルセロナまで
– Babi: うーん・・私はここから空まで
– Hache: そう?俺はその上
– Babi: どれくらい?
– Hache: 空の上3メートル


その他、この映画の中で使われている32のフレーズを読むことができます。普段の会話に使えそうなスペイン語がありますので、チェックしてみてください。

María Valverde

大人になっても可憐。そして、美しいです。
@soylavalverde

Gracias por leerme. Hasta la próxima.

スポンサーリンク