美味しくて簡単!グアテマラの伝統料理「Pepián(ペピアン)」のレシピ

08/29/2020

グアテマラ料理 Pepián
Receta de Pepián de Pollo guatemalteco

日本ではなかなかお目にかかれないグアテマラ料理。私もグアテマラに行くまでは、全く知りませんでした。

その知られざるグアテマラの伝統料理には、

Tamales(タマーレス)、Chapina(チャピーナ)、Chile Relleno(チレ・レジェノ)、Suban-ick(スバン・イック)、Jocon(ホコン)、Picado(ピカード)など、たくさんの美味しい料理があります。
料理の名前も可愛いでしょう?

今回は、中でも私が大好きな代表的グアテマラ料理「Pepián」を本場のレシピから、私がアレンジして作っているものを日本語で紹介します。たくさんあるレシピをいろいろ見て、簡単に作れる方法を考えてみました。
日本にある食材でも美味しく作れますので、ぜひ試してみてください。

Pepián(ペピアン)のレシピ

El Pepián es originario de Chimaltenango y se distingue de las demás comidas guatemaltecas por tener dos deliciosas variedades, el Pepián guatemalteco puede ser rojo o negro y acompañado de carne de res, cerdo, pollo o una mezcla de los tres. Se trata de un guiso tradicional guatemalteco. Se sirve en las bodas, celebración de cumpleaños y hasta en el entierro de un difunto. Fue declarado Patrimonio Cultural Intangible de la Nación por el Ministerio de Cultura y Deportes, según Acuerdo Ministerial 801-2007.

ペピアンは、チマルテナンゴの家庭料理で肉や野菜を煮込んだシチューです。牛肉、豚肉、鶏肉などを使い、赤と黒のベースで味のバリエーションがあります。
グアテマラでは、結婚式や誕生日のお祝い、葬儀の場でも食べられる伝統的な料理です。
この料理は、
文化スポーツ省によって国の無形文化遺産に指定されました。

Ingredientes(材料)4人分

  • 鶏手羽肉 8~10本くらい
  • にんにく 3カケ
  • フレッシュコリアンダー 1束(お好みで)

(A)

  • 緑のかぼちゃの種(なければ、アーモンドスライス) 大さじ2
  • 煎りゴマ 大さじ2

(B)

  • 乾燥した赤唐辛子 2本(お好みで)
  • シナモンスティック 1本
  • クローブ 2本
  • ブラックペッパー 大さじ1

(C)

  • トマト 4個
  • グリーントマト 4個
  • バナナの皮 1枚
  • 赤ピーマン 1個
  • ピーマン 2個

 

  • 人参 1本
  • たまねぎ 1個
  • さやいんげん 10本くらい 
  • 中くらいのジャガイモ 2個
  • 水 適量
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • トルティーヤまたはパン

 

 

Preparación(作り方)

① まずは、鶏肉の下ごしらえ。
深い鍋に水、鶏肉、ニンニク、くし形にした1/4の玉ねぎ、少しの塩を入れて、20分ほど煮ます。
アクが出たら取り除きます。スープは後で使うのでとっておきます。

② 黒のベースを作ります。
フライパンで、(A)を焦がさないように乾煎りします。
茶色くローストされたら、別の容器に取り除き、続けて(B)を焦がさないように乾煎りします。
(A)と(B)を少量の①のスープと混ぜます。

赤のベースを作ります。
フライパンやグリルなどで、(C)を焼き付けます。

④ 一口大に切った人参を①に入れ柔らかくなるまで煮ます。

⑤ ベースをミキサーにかけます。
先に②の黒ベースをミキサーにかけたら、④に入れます。
同じように③の赤ベースをミキサーにかけて、④に入れます。
よくかき混ぜましょう。

⑥ くし形にカットした玉ねぎ、一口大にカットしたじゃがいも、さやいんげん(長ければ半分にカット)を④に入れて、野菜がやわらかくなるまで煮ます。スープの残りが少なければ、少し水を足してください。
最後に塩、コショウで味を整えます。

⑦ ご飯やパン、トルティージャと一緒に盛り付けてできあがり。

ラテンの食材その1「Miltomate」(ミルトマテ)

現地グアテマラでは、「Miltomate」(ミルトマテ)と呼ばれるグリーンの食用ほおずきを入れて作る場合もあります。
メキシコでは、「Tomatillo」(トマティージョ)と呼ばれ、辛いサルサソースなどに欠かせない食材です。
日本ではまだ手に入りにくいのですが、なんと楽天で扱っているところがありました。

 

さらに!種までも!

 

ちなみに「Miltomate」は、「小さなトマト」という意味ですが、トマトとは大きく異なる味です。

ラテンの食材その②「Pepitoria」(ペピトリア)

グアテマラや中南米で言う「Pepitoria」とは、かぼちゃの種のことを指し、スイーツなどによく使われています。
スペインでも、煮込み料理にアーモンドや松の実などのナッツがよく使われますが、これらをつぶしたものが「ピカーダ」と呼ばれるベースです。これに、砕いたゆで卵の黄身やアーモンドパウダーを入れたものを、ペピトリア(pepitoria)と言います。

地域によって、料理につくニックネームが違うのには、何か理由がありそうですね。

「Tortilla」(トルティージャ)も中南米では、トウモロコシなどで作る薄焼きパンの事ですが、スペインでは、ポテトオムレツの事なので、まだ知らなかった頃は「どーなってんだろ?」と混乱していたものです。

ペピトリアのスイーツ
Receta para hacer dulce de pepitoria(かぼちゃの種で作るスイーツレシピ)

ペルーの伝統料理にも挑戦!

美味しくて簡単なので、ぜひ作って食べてみてほしいです。
本場のレシピから!ペルー料理【Lomo Saltado ロモ・サルタード】/日本語訳

スペイン語っぽいガスコンロ発見

その名は、

「Vamo」(バーモ)!!

つまり、
「行くぜ!」
って感じ。
正確に書くと「vamos」だけど、発音するときは、はっきり「ス」って言わないし、ネイティブっぽいネーミング!笑

しかも!ただのコンロではないのがすごいところ。
あのプロの厨房にある強火力が普通のご家庭でも実現可能です。素敵です~!!!
美味しい料理を作るには、火力や、火加減もすっごく重要ですからね。

【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

デザインも、シンプルでかっこいいです!ますます料理をするのが楽しくなりそう!
その洗練されたセンスは、ファッション誌「CLUÉL」でも紹介されていました。


かっこよく掲載されてますよ~!すてき!


公式サイトに飛ぶと、バーモユーザーさんのキッチン写真を見ることができます。
このコンロだけで、ぐんとお洒落になっています。私も欲しい!! その火力を体験したい~!

Gracias por leerme. Hasta la próxima.