スペイン発!2021年最新音楽から人気のラテン音楽まで16曲

スペイン発!人気のラテン音楽

スペイン語の音楽と言えば、サルサやレゲトンなどのダンスミュージックやフラメンコ音楽が、日本ではよく知られています。

スペインのラジオをインターネットで毎日のように聴くようになり、ポップスやロックなどもよくかかるので、様々なスペイン語の曲が覚えられるようになりました。
スペインの音楽界もずいぶん変わってきてるんだな、と感じるものばかりです。

おすすめの記事
無料でリスニング学習!スペイン語ニュースが聞けるインターネットラジオ

その中から、特に気になった曲、日本であまり知られていない曲、将来もっと人気が出そうなアーティストの曲などをご紹介します。

では、2021年にリリースしたばかりの最新音楽から、チェックしてみましょう!

Paco y Carmela(2021)

Ginebras

今年大注目のガールズバンドです。デビューアルバムは、もはや天才的な出来だと大絶賛。
作曲や歌うことが大好きな Magüi と Sandra は、ソーシャルネットワークで知り合い、バンドを結成するためにギターを特訓、そして、ベーシストとドラムを探し、ガールズバンドが誕生しました。
50歳の叔父パコが離婚して、超かわいいカルメラと出会い、恋におちる、というユニークな歌詞が楽しい。

Canta(2021)

Judit Neddermann

スペイン、カタルーニャのシンガーソングライターです。
新鮮な空気のような歌声とポジティブなエネルギーがいっぱいの素敵な曲です。
リラックスしたい時に聴きたい柔らかな心地良いサウンド。

Nominao(2021)

C. Tangana, Jorge Drexler

ウルグアイのミュージシャン Jorge Drexler、アルゼンチンのラテングラミー優勝者 Andrés Calamaro、スペインのラッパー C. Tangana による傑作コラボ。
文句なしで、かっこいいです。

MERICHANE(2021)

Zahara

スペインで、最も話題になっているアーティストの1人です。
80年代のリズムも感じ取れるこの曲は衝撃の新曲。歌詞は自伝的な物語で実際に彼女に起こったことです。
ツイッターでは、多くのフォロワーが、ハッシュタグ #YoEstabaAhí をつけて共感を表しています。

Peter Pan(2021)

David Otero & Ana Guerra

美男美女の初コラボで話題です。 El Canto del Loco(マドリーのロックバンド) の 元メンバー、Davidがピーターパンで、スペインの歌手 Ana がティンカーベルのような美しいビデオクリップ。

Castillo de Cera(2021)

Dvicio

メンバーは、Andrés、Luis、Nacho、Martín、Alberto、長い歴史を持つポップバンドです。
今までにない、スローな曲でのアンドレの声は、ファンを壮観に魅了しています。
コロナ渦に生まれたこの曲は、とても気持ちのよい素晴らしい音楽です。

Dejarse llevar(2020)

Flavio

「OT2020」(テレビの歌コン)の元出場者です。素晴らしいパフォーマーであるだけでなく、卓越したミュージシャンですでに大人気です。
ルックスと声のギャップがよりカリスマ性を引き出しています。

 

 

El mejor momento(2014)

Pablo López

スペインのシンガーソングライターが「ガン」をテーマに書き下ろした楽曲です。
歌詞は壮大で、勇気や希望がもらえる曲です。何度聞いてもウルルと泣いてしまいそうです。
私のアミガは「スペインの国歌にしたい」と言っています。

Balas y Chocolate(2015)

Lila Downs

メキシコの歌手、Ana Lila Downs Sánchez(1968年9月19日 メキシコのオアハカ生まれ)の、キャッチーなノリノリサウンドです。
歌詞もかわいくて、つい踊り出したくなります。
彼女は、パフォーマー、作曲家、レコードプロデューサー、女優と多才に活動しています。

Veneno En La Piel(2017)

Radio Futura

どこか懐かしい感じ。60年代アニメっぽい?と思ったら、1980年代から1990年代初頭にかけてスペインで最も人気だったバンドです。
なんだか覚えやすくてつい口ずさみそうです。

El Despertar(2019)

Nil Moliner

Nil Molinerは、2005年にポップロックバンド CyBee の歌手兼ギタリストとして音楽活動を始めたスペインのミュージシャンです。
ユーモアがあって、幸せな気分にしてくれる音楽です。ちょっとハスキーな声も魅力的。

Felicidad(2010)

La Cabra Mecanica

La Cabra Mecánicaは、Miguel Ángel Hernando(別名Lichis)と数人のミュージシャンによって結成されたスペインのポップロックグループです。
いろんなスタイルと異人種が混ざり合っていることが特徴で、そんな表情が音楽に出ていてかっこいい。

Qué Bonito(2018)

Soraya

10年以上の音楽活動をしているスペイン人歌手です。
2018年の la Copa del Rey Gran Canaria 公式ソングで使われたこの曲は、美しいメッセージがたくさん入ったポジティブなものです。

Puede Ser(2009)

El Canto del Loco

スペインで大人気だったロックバンド、El Canto del Loco と スペイン人のロック歌手 Amaia Montero の元気をくれる音楽です。
とにかく歌詞が素敵なんです。

Puede ser que la vida, me guíe hasta el sol, Puede ser que el mal, domine tus horas O que toda tu risa le gane ese pulso al dolor, Puede ser que lo malo sea hoy.

 

19 días y 500 Noches Después(2020)

Travis Birds, Benjamín Prado

詩人である Benjamín Prado が、Joaquín Sabina titulado「Ni tan joven, ni tan viejo」の歌詞を再構成し、スペインのシンガーソングライター Travis Birds の幻想的な声の響きがとても心地良い音楽です。
このビデオも、スタイリッシュ。歌詞をスペイン語で読むことができます。

Quiero, Quiero y Quiero(2019)

Arnau Griso

2019年のベストソングです!!とてつもないエネルギーがある素晴らしい曲です。
スペインとウガンダの子どもたちの願いをテーマにしたユーモアあふれる歌詞と新鮮なメロディーが可愛い。
ウガンダの支援活動として、ツアーチケット1枚につき1ユーロ、さらに、ツアーTシャツの収益はすべてNGOに寄付されます。

あなたの欲しいものは何でしょうか?

まだまだあります!

私のアミゴたちから教えてもらった名曲ばかりです。

【おすすめ】セクシーで可愛いラテン女性歌手の音楽

この夏は「キューバ人おすすめのクバトン」でカリブ飛行!

音楽で覚える「聞くだけ」スペイン語~初心者にはスペイン人歌手がおすすめ!

音楽で覚えるスペイン語♪ラティーナに聞きました!

Gracias por leerme. Hasta la próxima.