音楽で覚えるスペイン語♪ラティーナに聞きました!

音楽で覚えるスペイン語

 

レゲトン(Reggaeton)をはじめ、ラップ調の激しい歌やアップテンポの曲は、ノリノリで楽しいけど、スペイン語を聞き取るのが、とっーても難しいので、もっとゆっくりな曲が知りたーい!


Rita

Yo suelo escuchar en español música tranquila, como Alex Ubago, Pablo Alboran. Son buenos para estudiar.
普段は落ち着いたスペイン語の音楽を聞くんだけど、勉強するならこの人たちの曲がいいよ!


コロンビア人のRitaちゃんから、おすすめのスペイン語 Músicaを教えてもらいました。

Alex Ubago

スペインのシンガーソングライター、アレックス ウバゴ。
ビルボードチャートにランクインした、2006年のアルバムから『Aviones de Cristal』の『Viajar Contigo』です。

うわー、スペイン語がよくわかる~!!頑張ったらカラオケで歌えるかも知れないと思うほどです。(がんばったら)
歌詞はとにかくロマンチックで、曲のタイトルもわかりやすい。
2012年に発売されたアルバム『Mentiras Sinceras』の『Destinados』も、好みです。たくさん聞いて練習しなくちゃ。笑

Pablo Alborán

スペインのミュージシャン、パブロ・アルボラン
デビュー以来、2011年にはラテングラミー賞で 10本、3本がノミネートされています。
こちらは、2017年にリリースされたセカンドアルバム『Prometo』の中の『No vaya a ser』です。

ポップで軽快なメロディーだけど、スペイン語が聞きやすい~!声も素敵~!
スペイン人の音楽だけど、中南米のエッセンスも入っている感じがします。
口こみを見ると、アコースティックの曲を絶賛している人が多いので、じっくりリスニングしたいと思っています。

Monsieur Perine

そして、私のおすすめ!!は、ムッシュ・ペリネです♪
フレンチぽい名前ですが、コロンビアの首都ボゴタ発のジプシージャズバンド。メンバーたちは、自分たちの曲を「コロンビア・スイング」とアナウンスしています。
最初に聴いたきっかけは、J-waveから流れてきた軽快なスペイン語の音楽。ちょうど私がスペイン語を習い始めて間もない頃だったので、やけに反応してしまいました。

こちらは、ファーストアルバムの『Hecho a mano』の中で一番好きな曲。ラジオで聞いた後、すぐにアマゾンでこのアルバムを購入しました。


Hecho a Mano

まだこの頃はスペイン語の聞き取りなんて、夢のまた夢・・・でしたが、今まで馴染みの薄かったスペイン語の音楽が、ただ聴いてるだけでも身近になり、ますます勉強が楽しくなりました。
ヴォーカルのカタリーナ(可愛い♡)のスペイン語も美しく、クリアなんですよね。コロンビアだからかな?(詳しくは以前の コロンビア人に聞いた『美しきコロンビア』と『美しきスペイン語』 をご覧ください)

彼女のインタスタグラムもスペイン語の勉強になっています。ファッションもカワイイ♡


これまでのリリース曲は、Amazon でチェックしてみてください。私も全部持っています♪


Rita

No! Creo que no, porque Maluma canta muy rápido.
だめ!だってMalumaすごい早口だから。


「最近は、Malma ばかり聞いてるんだよね~」とRitaちゃんに言った時に、返ってきた言葉。笑。。。Sí, tiene razón.

Gracias por leerme.
Hasta la próxima.

スポンサーリンク