スペイン語圏10ヶ国のあいさつ「げんき?」のいろいろ

06/18/2021

スペイン語圏10ヶ国のあいさつ「げんき?」のいろいろ

スペイン語で「元気です」を表現する “estar bien” は、国によって表現のしかたにバリエーションがあります。
スペイン語を勉強していると、表現の豊かさにおもしろさを感じます。その理由はとりわけ、多様な方言から来ています。
友達の国によってあいさつのしかたを使い分けて、あなたのスペイン語も少しだけ変化をつけてみませんか?

España:スペイン

¿Qué hay, tío/a?

「Tío/Tía」は、「おじ、おば」という意味ですが、スペイン人は親しみをこめて、友達によく言います。

また、若者の表現は、

¿Cómo andas?

返事の言い方は、

気分が良いとき

  • Guay
  • Del carajo
  • De lujo
  • Ahí voy
  • Ahí vamos

気分が悪いとき

  • Hecha polvo

悲しみや倦怠感を表しています。「polvo」は「埃」という意味です。

Colombia:コロンビア

¿Quiubo?

“¿Qué hubo?”(何かあった?)の縮約形です。
縮約形」とは、スペイン語の場合、「de + el = del / a + el = al」など、特定の前置詞と冠詞が連続するときのことです。日本語だと「入国管理局に行かなければいけない=入管に行かなきゃ」みたいなものです。

その他のバリエーション:

  • ¿Ajá?
  • ¿Qué me cuentas?
  • Hola, ¿qué más?

状況に応じて、コロンビア人は、次のように答えたりします。

気分が良いとき

  • Todo bacano
  • Bacano
  • Viento en popa
  • Andando
  • Sobreviviendo
  • Ahí voy

気分が悪いとき

  • ¡Qué hueva!

でも、 ¡Qué tonto!(なんてバカなんだ!)という意味もあるので、使うときは注意。

Chile:チリ

久しぶりに友達に会うときによく使う表現です。

¡Weeena weon/a! ¿Cómo estái?
(¡Hola, amigo/a, ¿cómo estás?)

良いとき
Aquí estamos bacan
(Aquí estoy muy bien)

悪いとき
Aquí estoy medio achacao
(Aquí estoy medio triste)

Argentina:アルゼンチン

他の国でもよく使われますが代表的なものは以下の通りです。

  • ¿Cómo andás?
  • ¿Qué hacés?
  • ¿Qué pasa?

Hola, ¿qué tal, cómo andás, todo bien?
という感じのあいさつが自然です。

アルゼンチン人の答え方・・・!

気分が良いとき (si todo está bien)
Todo bien, genial, rebién

悪いとき (si no está tan bien)
Estoy bajoneado, para el carajo

Ecuador:エクアドル

“¿Qué tal?”のバリエーションがいくつかあります。

  • ¿Qué fue?
  • ¿Qué hay?
  • ¿Cómo vas?
  • ¿Qué dice?

¿Que todo está bien? En tal caso:
Todo joya

「joya」は「宝石」という意味です。ゴージャスな答え方で好きです。(笑)

 

 

Bolivia:ボリビア

ボリビアでは、「元気だよ~」とシンプルに言うときに味覚で表現します。

  • ¡Qué rico!
  • ¡Riquísimo!

いずれも「おいしい!」という意味です。なんかおもしろい。

Costa Rica:コスタリカ

¿Pura vida?

¿Pura vida?

良いときは、Pura vida (Estoy bien, gracias)と答えます。
コスタリカの人たちにとって素敵なこの言葉は、広くて深い意味があり、“muy bien”のほうが近いかも知れません。親友アミガに聞いてみたら、「Sí jeje fíjate que hay muchos usos del “Pura vida” 」と、とにかくなんでもかんでもよく言うみたいです。そして、詳しく解説してくれました。

Left Caption

AMIGA

Aquí puedes decir:

¿Pura vida? = ¿Todo bien? (Para saludar)
¡Pura vida! = ¡Todo bien! (Para responder)

O expresiones como:

“Ah, qué persona tan pura vida” (alguien agradable o amigable)

Cuba:キューバ

¿Qué bola? (¿Qué tal?)

良いとき
De pinga (Muy bien)

悪いとき
De madre (Mal)

Paraguay:パラグアイ

若者がよく使う答え方です。

良いとき

  • ¡Qué purete!
    (なんて純粋なんだ!)
  • ¡Qué buen boliche!
    なんて良いボウリング場!)

悪いときは、¡Qué fule!なんてばかげた!

México:メキシコ

¿Quihubo?
または変形で、
¿Quihúbole?

ミレニアル世代がよく使う表現は、

  • ¿Qué pedo?
  • ¿Qué onda, wey?

“wey”の“e” を長くのばして言います。

そして、調子が良いときは、¡Qué padre!と言います。

カリブ海全体

Chévere

Chévere

起源は不確かですが、特にベネズエラとコロンビア周辺の国で多く使用されています。主にレゲトン音楽とメロドラマのおかげで、カリブ海全体に広まりました。
アンティル諸島はじめ、エルサルバドル、ホンジュラス、メキシコ、ドミニカ共和国、パナマ、ペルー、ボリビア、エクアドルなどです。

「Chévere」は多くの意味を持つ形容詞です。
素晴らしい、優れた、絶妙な、素晴らしい、面白い、きれいな、エレガントな、楽しい、贅沢な、慈悲深い、壮大な・・・など、本質的にとても良いことを意味します。

あいさつのあとに

自己紹介で使えるスペイン語の例文集「ネイティブの表現フレーズ」

電子書籍のご案内

楽しい会話をするための「スペイン語の質問」を、1年分おさめています。

Gracias por leerme. Hasta la próxima.